開拓中

ブッシュクラフトワークショップの様子(ランタンハンガー作り)

更新が遅くなりましたが、先日、Twitterで知り合った講師2名の方に来ていただいて、ブッシュクラフトのワークショップが開催されました。

 

保田さんと、

twitter.com

 f:id:CAMPBEAN:20191125103409j:plain

 

マーチンさん。

twitter.com

f:id:CAMPBEAN:20191125103154j:plain

 

目的はランタンハンガーを作れるようになること。

キャンプしてると、ランタンやちょっとした道具を吊るす場所が欲しくなります。

これを落ちてる枝でサッと作れるようになったらとっても便利だし、何より楽しいです。

 

斧を使って木を削り、ナイフや鋸を使って接合部分を作る。簡単そうに見えてコツがいる作業です。道具の使い方から丁寧に説明していただきました。

f:id:CAMPBEAN:20191125101451j:plain

f:id:CAMPBEAN:20191125101457j:plain

 

みんな真剣な表情で作ってます。 

f:id:CAMPBEAN:20191125100944j:plainf:id:CAMPBEAN:20191125102243j:plain

 f:id:CAMPBEAN:20191125100906j:plain

 

 

1時間弱の講習でランタンハンガーが作れるようになりました。

f:id:CAMPBEAN:20191125104659j:plain

 

 

出来上がったランタンハンガー。かっこいい!

講師のお二方、ありがとうございました。

f:id:CAMPBEAN:20191125101507j:plainf:id:CAMPBEAN:20191125101516j:plainf:id:CAMPBEAN:20191125101511j:plain

 

ブッシュクラフトのワークショップは、山を買った当初からやりたいと思っていたことで念願が叶った瞬間でした。

ブッシュクラフトを通じてモノ作りの楽しさを知ることは、キャンプの楽しさを深めることに繋がるし、木の種類や特性など自然に興味を持つことにも繋がります。

こういうのを楽しむ人口が増えれば、太古の技術を調べて現代に甦らせたり、新しい技を産み出す人も出てきたり、文化を創ることに繋がるというか、うまく言えませんがすごくいいことが増えそうな予感がします。

この活動は今後もずっと続けていきたいと思います。